2005年12月09日

妊娠・・・そして流産

9月に入ってまもなく体調がおかしいと気付いて妊娠検査薬を試したらみるみる陽性に。
妊娠発覚でした。



妊娠が分かったと同時に既につわりが始まっていて、食べる物の味が変わった。
オムライスが炭酸の味がして食べた気がしない。
炊けたご飯の臭いが生臭い。
外に出れば排気ガスに気分が悪くなって吐きそうになりながら歩いた。
パン類、甘いモノはまったく食べられなくなって見るだけで気持ちが悪かった。
そんな時の救世主は「納豆ごはん」だった。
不思議・・・これだけが美味しくてたまらなかったなぁ。
とにかく気持ち悪いけど、お腹がすいてすいてたまらなくて寝る直前にお茶漬けも食べてた。
これも救世主。

何回か検診に行く度に「小さい」と言われていて少なからず不安でした。
そして心配だった。
もしかしたら・・・流産の可能性があるかもしれません。
と先生に言われてから1週間は生きた心地がしなかったです。
1週間後には赤ちゃんが育ってなくていつの間にかお腹の中で亡くなってしまってました。
流産でした。
流産の可能性があると言われた頃から出血がチョロチョロとあった為に宣告をされた時にはもうだいぶ出血もありました。
流産の手術をする為に前日に子宮を広げる処置をするのですが、私の場合はこの前日の夜からお腹がすごく張っていて苦しくてさらには陣痛の様な波もあって真っ青になりながら過ごしていました。
その為に処置で行った産婦人科でもう子宮口が全開しちゃってるし、今晩大出血して危ないからという事でその場で緊急手術になりました。
初めての全身麻酔。
すっごい怖かった。。

緊急だったからなのか、はたまた私が麻酔に強いのか、まだ手術中に目が覚めました<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!
もうお腹の中をひっちゃかめっちゃかされてるのが分かって、痛いわ苦しいわで最悪でした。
色んな体験談とか事前に読んだりして、実母も流産経験があるので「目が覚めた時にはベットの上だったよー」なんて言ってたのにとんでもないっ!!
どころか終わる瞬間まで知ってるし、早く終わってくれーー!と思ったし。
さらには手術台からベットまで看護婦さんに支えられて歩いて移動しました。
麻酔も覚めきってそりゃもういいようのない痛みでした。
パパが傍にいてくれてたから良かったけど、1人で耐えるのは辛すぎます。

術後の経過も良好で思ったよりも早く子宮も回復してくれていて今はもうだいぶ元気です。
ブログに残す事で私の記録にもなるし、流産は恥ずかしい事じゃないと思っているので書きました。

書こうかどうしようかぁ〜と迷って今になっちまいました。
9月〜11月の間、相互リンクの依頼を下さった方々に長ーい事お待たせして申し訳ありませんでした!
posted by miku at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | mikuの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうかぁ、mikuちゃん大変だったんだね。
ひとりで耐えるのは辛いよ、ほんと。
私、喘息もちで、以前全身麻酔するところを局部麻酔ですませた事があってね、手術台からベットまでってところ、なんか解るわぁ・・・
優しいダンナさまで良かったね♪
お互いカミングアウトしてるねぇ 汗
でもmikuちゃん、回復してるようで何よりだね。
Posted by アイサカ at 2005年12月10日 09:50
有難う☆
お蔭様で体も心も回復傾向だよ(*^-^*)

感覚があるんだか無いんだか分からない状態で移動すんのってなんか変だよね。
思いっきり看護婦さんに体重掛けてた気がするもん。
あまりの痛さに無我夢中だったよ。゜゜(>ヘ<)゜ ゜。
おまけにくつ下のまま移動してたみたいで帰って来たらくつ下に血が付いてたよ( ̄ェ ̄;) ?

あの麻酔のかかる瞬間はもう二度と経験したくないわ。
眠くなる様に・・・そんな事ありませんからーーー!だよ。

>お互いカミングアウトしてるねぇ 汗

ほんとだねぇ〜。
いいんだか悪いんだか分からないけど、きっとサイトに来てる人にとったらどういう人か分かっていいと思うよ♪
恥ずかしい事じゃないもん!
情報も得られるかもしれないしね。
これからも明るくカミングアウトしちゃうかぁ〜〜♪
Posted by miku at 2005年12月10日 21:10
お見舞い申し上げます。
男の私がコメントするのも気が引けますが
大切な友達なので、チョットひとこと…
快方に向っているので一安心かな??^^
寒いから、気をつけてね。
Posted by シロウ at 2005年12月14日 21:07
シロウさん、有難う(*^-^*)
あのメールの時には濁した感じでお話しちゃってゴメンネ!
さすがに特定の人に向けてこのお話されたら正直困るだろうと思ってね。。
私達(私とパパ)にとってもシロウさんは大切なお友達だからね。

身体の方は快方に向かってるはずですよん♪
私もパパもやっと心の方も戻ったって感じかな。

気持ちだけでも十分♪嬉しいよ☆
本当に有難うね〜!
Posted by miku at 2005年12月14日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10455004

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。